ダイビングよくある質問

あなたの知りたい情報は約 0 分53 秒でわかります。

pj4

ただいま、よくある質問をまとめたページを作っています。
徐々に増えてきますのでお楽しみに!

ダイビングって難しいんですか?

ダイビングって聞くと難しい感じがします。
いろんな理論などを覚えないといけない感じもありますね。
理論などより、起こる現象がわかること、そして、水中で慌てないこと。 これだけです。
そのために弊店ではプールでの練習時間を多くとるスタイルでダイビングスクールを行っています。

Back To Top

水泳はあまり得意じゃないけど・・・

水泳などに自信の無い方でもダイビングの練習をスタートすることはできます。
ただし、泳げないままでいいわけではなく、スピードが速い必要はないですが水の中で快適に過ごすことができるまでの水慣れは必要だと思います。

スクーバダイビングでは、レギュレーターという道具を使用して水中で呼吸ができます。
水面ではBCDと呼ばれる浮力調整具に空気を入れたりだしたりすることで水面で楽に浮いたり、水中へ潜ることが簡単にできるのです。

水泳に自信がないからダイビングできない!ではなく、ダイビングのトレーニングを進めていきながら泳ぎも練習することで快適に水の中で過ごすことができるようになるのです。
当店では、店内プールでダイビングの練習をします。
好きなだけ時間をかけて、水に慣れること、結果、最終的に泳げるようにもなるはずです。

Back To Top

ひとりで始めることはできるの?

ダイビングはおひとりでスタートされる方はほとんどです。
でも、いっしょに潜るうちに仲良くなることも。
職業や年齢を超えたお付き合いのできる人たちがあつまります。
pj152 一人だからって心配しないお申し込みください!

Back To Top

年齢の上限はありますか?

ダイビングをスタートするのに年齢の上限はありません。
しかし、年齢が上がるにつれ体力が落ちるのは避けられません。
当店のお客様でも60代から始められる方もいらっしゃいます。
始める方の体力や年齢に合わせてできるのがダイビングのいいところ。
無理せず楽しみながらマスターして下さい。
当店では、45歳以上の方で喫煙される方が初めてダイビングする場合、そして、60歳以上の方は全員、お医者様からの健康診断書をご提出いただいています。
病歴診断書は店にありますので、お気軽にお申し付けください。

Back To Top

初心者ダイビングスクールっていくらかかりますか?

owd_g ダイビングスクールって何をするのでしょうか?

ダイビングというものを自分でできるようになるように、習い、慣れる場所であると私たちは考えています。時間を過ごせばいい、とか、一定のカリキュラムを順番でやればいいものだとは認識していません。
自分の力でダイビング器材をセットし、自分とバディの最小限のユニットで、自分たちのダイビングのプランを立て、二人の協力で器材を装着し、そしてバディシステムという最小限のユニットでトレーニングを受けたのと同等、もしくはそれよりも良いコンディションのダイビングスポットで、ダイビングを楽しむことができるようになるための時間であり、場所であるということです。

それができるまで、そしてそれができるようになるためのトレーニングを商品としてご提供させていただいているのが初心者ダイビングスクール(当店ではPADIオープンウォーターダイバーコース)です。

さらに、そのトレーニングが快適かつ時間に余裕を持って行えるように、店内に温水プールがあります。時間をかけてきちんとしたトレーニングをしてダイビングを楽しめるようになるためにはお安いお値段ではできないということになります。

ふつうはいくらぐらい?なのでしょう?

初心者ダイビングスクールを販売しているエリアによって、プールや海などへの移動費や宿泊費を含むか含まないかを考慮しなくてはいけないのですが、もし仮に、その部分の費用、つまり交通費や宿泊費を含まないと考えて…ざっと見積もると、通常のダイビングスクールは以下で計算するくらいの金額にならないと、その商品を販売すればするほどマイナス、つまり赤字なはずなのです。

あくまでも概算ですから大まかですけどね。

  • 教材費(もしくはeラーニングの場合も含めて) ¥10,000前後 (教材は、認定後も必要に応じて参照できるようにお持ちいただく仕組みが強く推奨されています。もし仮に教材をレンタルの状態で行うダイビングスクールがあるとすれば、その時点で大枠のルールから外れていることになりますのでご注意ください。)
  • 認定申請料 およそ¥4,000円前後
  • シリンダー(タンク)使用料 プールと海で最低限の本数として ¥10,000円前後
  • プール使用料等 これも概算ですが¥5,000前後。 (プールを使わずに海の浅いところでやるケースがありますが、十分に時間が取れない可能性があります。寒かったり濁っていたり、うねっていたりなど)
  • インストラクターの手間や人件費 (これは一概に言えないのですが最低限3日はかかるはずなので、3日間拘束されるとして・・・静岡県の最低賃金でも8時間労働として1日6,264円×3日=18,792円)
  • インストラクターの使うシリンダーなどの経費
さてここまででざっと計算して¥48,000程度はかかる計算になるんですね。
ですから、この金額よりも下回っている初心者ダイビングスクールは、他のところで利益を取らなければ仕事にならないということは誰にでもわかる話です。

当店の場合、ここにさらに、海への移動費がかかります。
浜松~大瀬崎への移動が2日間。さらに現地でのこまごました経費やプールは何時間使っても問題ないのでプールで必要となる経費などをまとめて94000円+消費税でやっています。


通常は器材レンタル費用をいただいていますが、海の場合のみです。

初心者ダイビングスクール、実は時間のかかるプログラムのはずです。
時間がかからず、かつ値段が安いプログラムが提供されているとするならば、何かが抜けているのです。
なにかが足りていないか、条件付き認定のプログラムが提供されいるかどちらかのはず。
ちゃんと潜りたい、潜れるようになりたければ、それなりのプログラムでダイビングをスタートするのが、あなたの楽しみと安全のために一番大切なことになるはずです。

ダイブテリーズ、あなたのダイビング、精一杯サポートします。
おかげさまで30年。
しっかりしたプログラムを提供し続けています。

Back To Top

ダイビングスクールは何歳から参加できますか?

弊店で実施している初心者ダイビングスクールは、PADIのコース実施規準に従って開催されています。
ダイビングスクールへの参加最低年齢は満10歳となります。
コース開始時に満10歳になっていることが確認できなくてはなりません。

Back To Top

Cカードですか?ライセンスですか?

ダイビングの講習を修了して発行されるのは、日本国内ではCカードと呼ばれることが多いです。
これはCertification【認定】という英語の頭文字から来ているもので、SEAでもC級でもありません。
また、国が発行する免許とも異なりますので「ライセンス」という呼び名も正式には異なります。

当店は、PADI 5スターIDセンター。
クオリティの高いカードとしてPADIゴールドカードを発行しています。 aow_g

Back To Top

サメとか・・・怖くないですか?

サメ・・・日本近海にもたくさんいます。
実は沿岸に近寄るサメのほとんどが人間に対して危害を加えたりすることのない種類。

必要以上に怖がることはないと思います。
実際、サメを見に行くようなスタイルのダイビングを楽しむこともあります。
アドヴェンチャーなダイビングの楽しみ方の一つです。

Back To Top

冬もダイビングを楽しむことができるの?

実はダイビングは一年中楽しめるアウトドアアクティビティ。
防寒のための準備をすれば、氷の下だって潜れちゃうんです。
海の透明度がアップして生き物が多いのは10月~2月ごろまで。
伊豆あたりで言えば3月ごろが一番冷たいシーズンです。
でも一年を通してダイビングを楽しむダイバーも多いのです。

Back To Top

こちらからお問い合わせいただいたものに関してもこのページに掲載させていただく場合があります。
どんどんお送りください。

 お問い合わせはこちら